2019/10/19 海洋情報

ポイント名:静浦 コーラルポイント
水温:24〜25度
透視度:4〜6m

今日は台風後の静浦へ。

先日の台風19号で、狩野川はあわや氾濫するところまで増水しました。その洪水を防ぐための治水機能を、駿河湾奥にある狩野川放水路が担っていますが、この放水路から程近いこの近辺の海では、川からの土砂の影響がしばらく残ります… 放水路側のショートドロップは今日の降雨もあり透視度がかなり厳しい状況だったため、比較的潮通しのいいコーラルポイントへ。

-15m前後までは6m程度見えましたが、そこより下は堆積物の影響でかなり透視度が落ちました…そんな時は無理せず浅場で楽しんでみます。

大荒れの後でも生き物は定位置をキープしているもので、3センチほどのクマノミも元気にしていましたし、極小アカホシカクレエビも踏ん張ってました^_^

ヒメエダミドリイシの群落には相変わらず賑わいがありました。台風後で新しい生き物が入ってないかな〜とじっくりと観察。最近はまっているチョウチョウウオウォッチング。サンゴ群落では常時5,6種類は見られるのですが、今回はミゾレチョウチョウウオの幼魚が追加されていました○

帰りがけ、別のサンゴに1センチくらいの極小ミツボシクロスズメダイが入っていました。これも台風前にはいなかった個体ですね。荒れた後は発見があって、浅場縛りでも充分楽しめました。引き続き新顔探しを続けていきます!

前の記事

2019/10/07 海洋情報

次の記事

静浦の浅いとこ